2種類ある銀行系カードローン

銀行系カードローンとは、銀行のカードローン、並びに、銀行グループ・傘下の会社のカードローンの事を指します。つまり、銀行系カードローンは2種類あるのです。もちろん、銀行のカードローンは銀行が行っていますから安心です。ただ、一方の銀行グループ・傘下の会社のカードローンも、銀行がバックについていますから安心です。ですから、一見すると、この2つには大した違いがないように感じます。しかし、2つには、大きな違いがあるのです。

違いは、管理されている法律です。銀行は銀行法で管理されています。一方の銀行グループ・傘下の会社は、貸金業法で管理されています。この違いで問題となるのは、総量規制です。総量規制とは、借り過ぎ貸し過ぎを防止する為の規制で、この規制により、原則、年収の3分の1を超える借入が禁止されています。但し、総量規制は貸金業法の規制です。

ですから、銀行グループ・傘下の会社のカードローンは対象となりますが、銀行法で管理されている銀行のカードローンは対象にはならないのです。銀行系カードローンは総量規制の対象外だと紹介しているところがあります。しかし、このように、実際には銀行系であっても総量規制の対象となるカードローンもありますので、鵜呑みにせず、しっかりと調べる必要があります。

 

土日に所得証明書不要でお金を借りることができます

キャッシングやカードローンを契約してお金を借りたいけど、収入証明書自体よく分からないし、用意するのが面倒だということはあります。また、土日でもお金を借りたいということもありますので、いろいろと調べておく必要がありますよね。そこで、収入証明書不要のキャッシング、カードローン:所得証明書なしで消費者金融からお金を借りるにはどうすればいいかを徹底解説していきます。

まず土日にお金を借りるには、土日に審査をしているところからお金を借りることをしないといけません。よくCMで見かける金融会社は土日でも審査をしていることがありますので、そこなら大丈夫です。ホームページを見れば土日に審査をしているかすぐに確認することができます。

所得証明書不要でお金を借りる方法は、できるだけ少ないお金を借りることにします。少ないお金を借りるのでしたら基本的には所得証明書がなくてもお金を借りることができます。身分証明書だけでお金を借りることができればかなり楽なのではないでしょうか。

 

百科全書の資金を捻出する為に貸付商品を活用

会社を営む方々としては、何かの対策が必要なケースがあります。事前にそれを考えておくだけでも、随分とリスク回避ができる傾向があります。会社としては、時には何か物品調達をする事はあるでしょう。個人商店などを営むなら、資材調達を行うケースは多々ありますね。百科全書などもその1つです。

しかし特例的に、ちょっと貸付が必要なケースもあります。そもそも個人商店の資金などは、必ずしも黒字状況とは限りません。時には赤字状況なので、なかなか資材調達が難しい事もあり得るでしょう。そういう時に、貸付商品を利用してみると良い訳です。それを利用した場合、もちろん手数料支払いというリスクはあります。時には督促が来る事例もあります。

しかしそれを踏まえても、やはり目先のリスクは回避できる訳ですから、選択肢としては悪くないですね。ただし、やはり事前リサーチは重要と言えます。下調べを入念に行っておく方が、失敗率も低くなる傾向がありますから、よく調べておくべきでしょう。

 

通称闇金から借金してしまったら

トイチやトサンなど法定外の金利でお金を貸す業者や、貸金業者として登録していない業者の事を通称、闇金と呼んでいます。きちんとした貸金業者であれば最高20%の金利ですが、闇金ではそれを大幅に超える記録的な高金利となっています。利息に利息が付き借金がどんどん膨らんでしまい、返済が困難になる事が多いです。

少額だから大丈夫だろうと安易に考えていると、完済できないようにわざと持っていく手口を使われますので大変です。返済を滞納すると本人だけじゃなく、家族や親せきや会社や近所にまで取立てを行う闇金が良く見られます。言葉で脅すような取立てを行うために精神的に疲れ果ててしまう事が多いです。

そんな時は一人で対応しようとせずに闇金被害に強い弁護士に依頼したほうが良いです。弁護士に依頼すると取立てをストップするように闇金と交渉します。取立てを止めようとしない闇金には使用している携帯電話の利用停止や口座凍結などで徹底的に争います。元金の返済も不要と言う形で解決を図りますので、闇金被害に合った時は相談してみて下さい。

 

繰り上げ返済で借金返済を行えばお得

クレジットカードと共に銀行や消費者金融のカードローンも契約していると、どちらでもキャッシングをすることが出来ます。では、どちらを使った方がいいのでしょうか。借金返済のしやすさだけを考えると、カードローンの方がいいです。というのは、カードローンの場合、利用者がいつでも好きな時に返済をすることが出来るからです。

クレジットカードの場合、返済は月一回ですが、カードローンの場合、毎日返済することも出来ます。好きな時に借金返済が出来るということは、繰り上げ返済が出来るということです。繰り上げ返済とは、予定されている返済日よりも前に返済を行うことですが、クレジットカードでこれを行うのはいろいろな手続きが必要になります。しかし、カードローンでは特に手続きは必要ありません。

繰り上げ返済を行うと、支払わなければならなかった利息を支払わずに済むので、完済した時点での返済金額を通常の返済時の返済金額よりも少なくすることが出来ます。つまり、繰り上げ返済はお得な借金返済方法なのです。そもそもカードローンというのは、お金を借りるためのローンなので、クレジットカードのキャッシングと比べれば借りやすく、返しやすいようなシステムになっているのです。

 

自動的に貸付される連携商品は便利

コンビニなどに行きますと、銀行によるサービスを利用するケースが多々あります。いわゆる普通預金の商品などは、まず間違いなくそれに該当するでしょう。例えば、自動引き落としなどの為に利用するケースは多々あります。公共料金などを、預金口座から引き落とすケースは多いでしょう。ただ残高不足では色々な問題が生じてしまいますから、引き落とし前までに入金しておくケースが一般的です。

しかしそれだけではありません。クレジットカードと、連携した商品も存在します。そもそもキャッシュカードを利用するにしても、口座に十分なお金が入っている事が前提になるでしょう。しかし、必ずしも十分とは限りません。時には少し足りないケースもある訳ですね。

そういう時は、上記の連携した商品などは非常に便利です。自動的に貸付が行われて、万が一の料金不足などを防げるメリットがあるからです。ただし、やはり貸付商品である事は間違いありません。延滞になってしまえば大変ですから、返す事は大切でしょう。

 

高血圧症などで借りる商品と期日の重要性

ローンが検討される理由は、それこそ非常に多彩です。例えば一定期間が経過した時の、車検などが挙げられます。マイカーを購入した後には、定期的に車に対するチェックを行わなければなりません。それを怠っていると、車道を走る事が不可能だからです。もちろんチェック時には様々なお金も必要です。

それと、高血圧症が挙げられます。そもそも人々の体調は、必ずしも万全とは限らないでしょう。時には何か理由があって、そのような重たい病気になってしまうケースもある訳です。それで手持ち資金が少ない時などは、ちょっと借りるケースもある訳です。

そういう時には、ローン商品が検討されます。手持ちの資金が少ない時などは、非常に助かりますね。しかもそれは、完済さえ構築すれば特に問題ありません。基本的には全て返せば、それで終了の商品だからです。毎回期日までに返すよう心がけていれば、とりあえずは問題無いでしょう。期日を守ることが重要と言えます。